注文住宅に力を入れている住友林業に依頼しよう

積み木

振動や揺れに強い家

住宅

厚みのあるパネルや鉄骨で

地震が発生しやすい日本では、地震に強い家に高い需要があります。マイホームに地震に強い家を選択すれば、大きな地震が発生しても、怪我をしたり生命を失ったりするリスクが低くなります。また倒壊しにくいため、建て直しや修繕に多くの費用をかけずに済むというメリットもあるのです。地震に強い家は、具体的にはツーバイフォー工法またはツーバイシックス工法で建築されています。ツーバイフォー工法とは、厚みが4インチのパネルを、箱状に組み合わせることで建物の形にしていくという工法です。柱や梁といった棒状の木材を組んで建てる場合と比較すると、横からの振動に強く、歪みにくいという特長があります。また重みにも強いので、2階や3階部分、そして屋根をよりしっかりと支えることができます。一方ツーバイシックス工法では、厚みが6インチという、より頑丈なパネルが使われます。厚みがある分、振動や重みにさらに強いことから、注目されています。そして、木材ではなく鉄骨を使うことでも、地震に強い家となります。鉄骨は強度が高く劣化しにくいため、大きな地震が発生しても、小さな地震が頻繁に発生しても、良い状態を木材よりも長く維持できるのです。またその鉄骨を、厚みのあるコンクリートの土台に埋め込んだ場合、耐震性は一層高くなります。さらにそのコンクリートの土台が地表から比較的深い部分にあれば、その家はより揺れに強いと言えます。具体的には、深さが240ミリ以上となっている場合に、より高い耐震性が期待できるようになるのです。